店舗一覧

トップページ > 手ぬぐい・風呂敷活用法 > 手ぬぐいのお手入れ方法

風呂敷のお手入れ方法

綿の風呂敷について

  1. 家庭用の洗濯機で洗うことができますが、色物は単品で洗ってください。
    変形や収縮の恐れがあるので、乾燥機は使用しないでください。
  2. 日陰で吊り干しをしてください。
  3. アイロンは高温(180℃~210℃)で、スチームも使用できます。
お手入れイメージ

レーヨン(ちりめん)の風呂敷について

  1. ドライクリーニングしてください。
    レーヨン素材は水に濡れると強度が落ちて縮み、風合いが変わってしまいます。
  2. アイロンは中温(140℃~160℃)で、あて布をしてかけてください。
お手入れイメージ

ポリエステルの風呂敷について

  1. 家庭用の洗濯機で洗うことができますが、ぬるま湯で手洗いすると長持ちします。
    ポリエステル素材は水をほとんど吸収しないので、縮みや変形の心配はほとんどありません。
  2. 脱水後はすぐに取り出し、軽くシワをのばして日陰で干します。
  3. アイロンは中温(140℃~160℃)で、あて布をするか裏側からかけてください。
お手入れイメージ

>ページの先頭に戻る